先人たちの底力 知恵泉「三代目・徳川家光 組織を上手に受け継ぐには」

二宮直輝アナ、3代目店主らしい。
結構好きな番組ではあるのですが、録画溜めしていて消化しきれていないんですね(汗)

初代店主の名言
「千鳥足でも前に進め」
井上二郎アナウンサーが書いたっぽい。

 

よくわかりませんが、とにかく前に進むということが大事なんでしょう。
いろいろと人生の壁にぶち当たって、砕けそうになったとしても
なんとしても前へ進むことが大事だ、と。
とにかく番組を進行させろってことですかね。

 

結構長いことやっているんですね。これ。
井上次郎さんがやっていたことは知らなかった。

wikipedia では2013年4月から放映しているみたいです。
とすると4年目ってことですか。

 

ちなみに二代目は近田雄一アナ。

ゲストは東尾理子、山本博文、林家正蔵。
なんとなくそれっぽい人たち。
何代目とか親の七光りとか。

 

山本博文さんは
東京大学 史料編纂書(しりょうへんさんしょ) 教授
史料編纂書というのは、日本史に関する編纂と刊行を行っているところ。
この編纂という言葉、初めて聞きました。

編纂とは
いろいろの材料を集め、整理・加筆などして書物にまとめること。編修。「辞書を編纂する」
出典コトバンクとあります。

 

さて、今回の主役は、徳川家光。
江戸幕府 三代将軍。

とすると、水戸黄門のことかなぁって思っていたのですが、
全くピックアップされていませんでした。テーマはそこじゃない、と。

 

名門徳川家に生まれ、二十歳で将軍就任。
プレッシャはー尋常なものでないだろう。

子供の頃に家康が3代目将軍は家光、と指名をしたとのことでした。
年長が後を継ぐ。大方針を示したんですね。

 

昔は確かにそうでしょうね。
能力があろうがなかろうが長男がつぐ、ということなんですね。

 

■人の心をつかむには
・先輩が話しかける(東尾)
・名前で呼ぶ。(正蔵)

家康が祀られている日光東照宮
群馬 元祖のものがある 日光東照宮は質素だった

それを家光がド派手に。
彫像2500。
絵 500枚。
家みつはなぜ作り直したのか、というところ。

個人的には、やっぱり冒頭の、自分を将軍にしてくれた家康に
感謝しているんじゃないかと思うんですけどね。

 

飾られている彫像には意味があるんです。それぞれ。
・龍
・舜帝
・麒麟 狩野探幽画
情け深い動物
本当に平和な世の中にしか姿を見せない

・眠り猫
裏側には 遊ぶ雀
天敵の猫がいるのに遊べる

 

家光は日光に9回も参拝
これは歴代将軍では最多

 

■林家正蔵が最後の締め
「一生懸命生きること」
見ててくれる。
どれだけまっとうに努力しているかは周りの人たちがしっかりと見ている。

個人的に、この林家正蔵さんはあまりパッとしない印象だったのですが、
この一言は重みがあるなぁと思いました。
実は最近通ったお医者さんにもいわれたんですね。
まわりを納得させたければ、マジメに一生懸命がんばることって。
そうすればちゃんと見ているからちゃんとついてくるよ、と。

なんだか共感するものがありましたね。

 

■追記メモ(第2回)

 

組織づくりを行った。(改革?)

 

大岡越前、遠山の金さんも家光がいなければいなかったキャラ。

これまでの重役は大老という役職を準備。

人に頼る政治から
組織が行う政治システムへ。

 

先代から引き継いだシステムを上手に変えた。

うまくシステムを変える。

 

これは面白い。

 

家康はカリスマ性がある。自分が支持すれば動いてくれる。

経験もないのに人を使わなければならない。

組織にすればその上に自分が乗ることができる

 

今の風をわからないとだめ。
客に合わせるのではない。

 

こぶ平(林家正蔵)
先代を手本にして 今をしっかり生きる

 

正直あまり一般人に通用せんなぁ。