プロフェッショナル 石原仁司 京都の冬、もてなしを究める

「一生に一度は食べてみたい」

のメッセージからスタート。

半年待ち(放送時)でやっと入れる日本料理屋。

あのミシュラン(とは言っていませんでしたが)三ツ星を6回も受賞しているところ。

 

今回のターゲットは、石原仁司。

職業:日本料理人

石原さんは言う。

「疲れんような仕事はアカンで」

その場その場を一生懸命やることが食いを残さないことにもつながる。

仕事に向かう途中に川辺に割いていたタコウギというものを、ほぼ命がけで取っていたのが印象的でした。その日、店で飾るために取っていたんです。脚を擦りむいて痛そうでした。

しかし、これって一歩間違えば川に落ちてますよ。ヒヤヒヤしながら見ていました。

一座建立(いちざこんりゅう) という千利休の言葉を一つのテーマに持っている。

ちなみに石原さんの店の名前は、未在(みざい)

禅の言葉で、未だここにあらず、という意味。

常に向上心を持って上を目指すということなんですね。

こういうところに禅の言葉を持ってくるというのはすごい。

また、書道を47年間も続けていらっしゃるとのこと。

自分もやりたいやりたいと思いつつやれないまま。一体いつになるやら。

 

京都でのスペシャルなもてなしはどういったものなのでしょうね。

映像を見る限りでは、店主と客との勝負と言った感じもしないでもないのですが、それも含めて一座建立なのかもしれませんね。お互いに、というかお客さんの方に多少の緊張感は感じられています。

石原さんは長く仕事をしたい、マッサージされながらおっしゃっていました。

長く仕事をしたいと体に気を使っている石原さん。味だけじゃない、おもてなしを提供するために万全の体制で挑む。

 

過ぎた日々を懐かしむ。

厨房では腰がいたいと嘆く。立ちっぱなしの9時間。それでも苦ではない、とナレーションが入る。

プロフェッショナルとは

いつも思っているレベル以上の仕事ができないとダメ。

完璧はない、それに近づけるよう、それに向けて努力すること。

http://www.nhk.or.jp/professional/2016/0125/index.html

所感

久しぶりにプロフェッショナルを見ました。もちろん撮り溜めしていたやつから。テキトウに選んで。これがまたアタリだったので良かった。

プロフェッショナルは、好きなので、毎週録画。ただ、貯まっていっていつ消化しようか、と思っているうちにどんどんと貯まっていっています。

どこかで少しずつ消化していかないと難しいですね。スケジュール考えて少しずつ見ていこう。