オイコノミア 悩める上司・部下へ 上下関係の経済学

オイコノミア 悩める上司・部下へ
上下関係の経済学

ゲストは大久保佳代子。
相方は大竹文雄(大阪大学教授)。
冒頭ではフライドポテト論争について。

上司が居酒屋で好きなもの頼んでいいぞって言うと、部下がフライドポテト頼んで怒られたってもの。
これでネットで論争になったみたいなんですね。

これは私はわりとどうでも良いかな、という部類。
未だになんで怒られるのかがよくわからないんですよね。
ファミレスじゃないんだってことですかね。

まぁそれは置いておいて。

さて、ここで大竹教授。
失敗 → 部下を叱る → ミスが減った
というスパンがあるのですが、これって最近では因果関係がないとされている。

で、街頭モニターみたいな感じで何人かに的に10回ボールを投げてもらいその平均点を出す。
その後2回本番で、どうだったか、というもの。

的には点数があって、中心から外側に向かって得点が下がっていくもの。

1回めが平均より下だった人が、2回めでは上がり、
1回めで良かった人が2回めで下がる、という症状が見られたんですね。

結果からはどちらも平均に近づくということ。

統計学的には、「平均への回帰」と言われるもの。

これを聞いて、なるほど、という感じ。
NBAバスケの選手で、ダークノビツキーという有名なシューターの選手がいるのですが、ファイナルの前半で、シュートが全く入らずダメダメだったのですが、後半神がかった成功数をおさめていたのを思い出しました。

この結果から、先ほどの叱るイコール成績が上がる、というのは結びつかない、ということでした。
しかし、又吉は、サッカー経験者で体育会系。必ずしも全員が全員そうではないだろう、と1つ付け加えていました。

■又吉のロケ
人材育成コンサルタントの鳥原隆志さんの会社へ。

ここでは、インバスケットというものを教えている。
それは、ある状況を設定して、限られた時間内に与えられた案件を処理するというようなビジネスシミュレーションゲーム。

面白そうだがしんどそう。。。
立場的にゲームを仕掛ける方なので、来年の新人研修はこういったことも考慮するのも一つかな、と。いや、範疇外ですけど。

これで、判断力、問題解決力、部下指導力を養うということが目的。
企業で課長や部長への昇進試験、官公庁での研修にも利用されている。

いくつも本を出版されているので、参考程度に手にしてみるのもひとつかと。

又吉にも幾つか問題を出していました。
自分がやるか、部下にやらせるか、という問に、あえて一つ上のレベルの難しい問題を出し、失敗という経験をさせるのもいい、ということでした。

失敗させる経験は、投資と捉えること。

▼クラッシャー上司
・仕事熱心で業績が良い
・部下をこき使う
・失敗するとネチネチ責め、部下を精神的に潰す

◎ゲスト登場
精神科産業医
松崎一葉
→ クラッシャー上司の名付け親

●選好の内生性
人の好みや考えは、経験や環境によって形成されるということ

クラッシャー上司対策 ロールプレイングを行い、自分自身に経験してもらい、わかってもらうことが大事。これによって、クラッシャー上司を減らしていく。

私が今の会社入ったばかりの頃は、ほんと、その人に関わっていた人はことごとく辞めていくというまさにそれだったのですが、彼に経験させても同じだろうな、と勝手に思っていました。私も辞めそうでしたし。。。
クラッシャーは本人がクラッシャーだということに気づいていない。

それよりも今すぐ何とかしたいという、短期的に解決したい、この状況から脱出したいという場合は、クラッシャー上司の部下だった人に会いに行くというのも一つ。
気持ちをシェアして楽になるということなんですね。その人自身はそれをクリアしているわけですから、クラッシャーに対してのマニュアルを持っているはずなんだということなんですね。

あとは会社と関係ない友人に話すというのも手段。認知してもらい、ストレスを和らげていくということ。

今回は上司と部下の関係でしたが、ドコに言っても会社勤めをする限りではこの関係はあります。
部下が上司を選べるわけではないですしね。

新人研修でものすごく評判が悪かった子が、希望の課からは断られ、電話サポートに回されていたのを見ました。
そこの上司とは3年目に突入しそうですが、ウマが合わないのかわかりませんが、未だに毎日叱られています。